NPO法人設立の流れ

STEP1 設立総会の開催

NPO法人の設立を希望する方々(発起人)が集まり、

主として以下の事項について決定します。

 

1.NPO法人の設立趣旨

2.定款案の作成(法人の目的事業内容、会費等)

3.役員を含むガバナンスの検討

4.10人以上の社員の確保

 

STEP2 NPO認証申請書類の作成

NPO法人設立認証申請書類は次のとおりです。

 

1.設立認証申請書

2.定款

3.役員名簿

4.役員の就任承諾書および宣誓書の写し

5.役員の住民票写し

6.社員のうち10人以上の者の名簿

7.確認書

8.設立趣旨書

9.設立についての意思の決定を証する議事録の写し

10.事業計画書(2事業年度分)

11.活動予算書(2事業年度分)

 

このうち、定款設立趣旨書設立についての意思決定を証する

議事録の写し事業計画書活動予算書は、とりわけ慎重に中身

を検討する必要があります。

 

STEP3 事前相談

所轄庁に完成した申請書類を持参し、形式面についてチェックを受け

ます。都道府県にとってはかなり予約が取りづらいため、早めに予約

をしておくのも良いでしょう。

 

STEP4 申請書類の提出・受理

書類の形式面が整っていれば、受理されます。

 

STEP5 縦覧期間

2ヶ月間、縦覧書類が一般公開されます。

 

STEP6 審査期間

所轄庁が、NPO法人の認証を与えてよいか審査します。

 

STEP7 認証・不認証の決定・通知

審査の結果が通知されます。無事認証されれば、登記へ移ります。

 

STEP8 登記申請

法務局登記を申請します。当事務所では、信頼できる司法書士に依頼

します。

 

STEP9 NPO法人 成立

法務局により登記が完了した時点で、NPO法人成立します。

 

STEP10 設立登記完了届出書・財産目録の提出

認証がおりた時点ではNPO法人は法律上成立していません。

そこで、認証後、法務局への登記が完了し、NPO法人が法的に成立

したことを、所轄庁へ届け出る必要があります。